走行距離で保険料を検討

自動車保険比較>走行距離で保険料を検討

ここでは、自動車保険の掛金と年間の走行距離について考えてみましょう。

自動車保険のプラン決定において、走行距離はきちんと設定していますか。自動車保険は走行距離に応じて安くなりますので、適切な設定をすれば保険料を抑えることが出来るかもしれません。

普段どのくらい、自動車を運転するか、もう一度計算してみましょう。仕事で使う場合もあれば、通勤のみの場合もあるでしょう。また週末などでのレジャー目的かもしれませんね。

一般的に毎日、自動車を使う人では、年間走行距離は2万Kmは超えるといわれています。またレジャー目的などで利用するのであれば、5000Km〜1万Km程度になるようです。

このように利用目的や状況に応じて走行距離は大きく異なります。走行距離が多ければ多いほど、事故などの確率が高まると推定し、保険料の負担額に重みつけをおこなったのが、走行距離こ応じて、保険料を細かく細分化するというシステムです。

例えば、年間の走行距離が5000Km以下だと、割引が得られたりといった具合に調整されます。しかし、当初予定していた走行距離を上回る場合などは注意が必要です。事故を起こした際に保険金が支払われないというトラブルが発生しないように、追加の保険料を支払うなど忘れないようにしましょう。

いずれにせよ、年間の走行距離に応じて掛金を調整できますので、一度、ご自身の車の利用状況を確認してもよろしいのではないでしょうか。


自動車保険見積もりTop
Copyright 2009-2012
自動車保険比較見積もり
走行距離で保険料を検討

自動車保険を検討コツ。それは比較をして見積もりすること。そして走行距離を予想して最適な保険プランに変更し掛金を安く抑えましょう。