2種類の保険

自動車保険比較>2種類の保険

自動車保険には、任意と強制という2種類の保険あります。

自賠責保険は、車を運転する方全て対象の保険で加入が必須の強制保険です。新車でも中古車でも購入した時や車検の更新時に加入が義務付けられている保険です。特徴は、人身事故にだけ適用されることですので必要最低限の補償と考えていたほうがいいです。自賠責の実際支払われる金額には限度額が設定されています。傷害で120万円、死亡に対しては3000万円、重度後遺障害に対しては4000万円なので社会生活を考えると手厚い保険ではないです。あくまでもドライバーが加入しなければならない必要最低限の保険と考えてください。

任意保険は、任意保険は名前の通り加入は個人の自由です。万が一の事故や車の故障したときに自賠責でカバー出来ない部分を任意保険の手厚い補償で補うことが出来ます。必要以上の保険のプランの加入は必要ないですが故障や事故の際にあなたをサポートしてくれるのが任意保険なので自賠責と合わせて加入をおすすめします。任意保険のプランの詳細として対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険・無保険車傷害保険・車両保険また、最近一般化してきた人身傷害補償保険などがあります。事故に備えて安心出来るプランを設定しましょう。



自動車保険見積もりTop
Copyright 2009-2012
自動車保険比較見積もり
任意と強制の違い